緑内障を予防してくれるルテインとは? 

 

高齢になると、かなりの高確率で目にトラブルを抱えることになります。中でもよくあるのが、緑内障。この病気のせいで、ケガをする高齢者も多いそうです。なぜなら、緑内障を患うと視野が狭くなるからです。加齢のせいで体が衰えている上に、視野まで狭いとなると、確かにケガも増えそうですね。

 

では、緑内障を予防するにはどうすれば良いのでしょうか?緑内障の主な原因は、水晶体や網膜の酸化ですから、年齢を重ねたら防ぎようもないような気がしますが、実際はある栄養素を摂取すればリスクを下げられると分かりました。その成分とは、ルテイン。

 

カロテノイドの一種で強い抗酸化作用を持つ栄養素で、ホウレン草やケールといった野菜に豊富に含まれているそうです。しかし、緑内障といった本格的な目のトラブルを予防したいなら、食物よりもサプリメントで補充するのが現実的とのことでした。

 

なぜなら、ホウレン草やケールでも、100gにつき10mg程度しかルテインは含有されていない一方、緑内障などを予防するには1日につき20mgはルテインを摂取すべきだからです。ちなみに、サプリメントには合成系と天然系がありますが、天然系の方が体内での吸収率が高いため、買うならそちらを選んだ方が良いそうです。

 

 

野菜からルテインを摂るのは現実的?

 

天然に存在する色素であるカロテノイドの一種「ルテイン」。高い抗酸化作用を有しているため、目の健康にとても重要な役割を果たしてくれるそうです。具体的には、網膜や水晶体が酸化するのを防ぐため、白内障や緑内障、飛蚊症、黄班変性症などの予防につながるのだとか。

 

しかし、そのルテインは人間の体内では生成されない物質だそうです。そのため、意識的に体外から補充するしかありません。そこで、ルテインが豊富に含まれている食物を調べてみたところ、ホウレン草やケール(キャベツの仲間)と言った緑系の野菜がヒットしました。

 

ただ、これらのルテインを毎日必要量補充するのは、現実問題難しいそうです。なぜなら、先述した目のトラブルを防ぐためには、1日につき20mgのルテインを摂取する必要があるところ、ルテインが豊富と言われているケールやホウレン草でさえ、100gにつき10mg程度しか含有されていないからです。

 

そのため、本格的に目の健康のことを考えるなら、ルテインは野菜ではなくサプリメントに頼った方が簡単かつ効率的とのことでした。ちなみに、ルテインのサプリメントも、合成系と天然系とに分かれますが、体の健康や吸収率を考えると断然後者の方が良いそうです。

 

 

ルテインはどんな栄養素なの? 

 

年齢を重ねるにつれて、目に何らかのトラブルを抱えるようになる人は多いそうです。これが、老眼や霞み程度なら良いのですが、白内障や緑内障などの本格的な眼病にも発展することもあるため厄介みたいです。加齢により体が衰えているというのに、目のトラブルまで重なろうものなら、日常生活にもケガが付き纏いかねませんから。

 

そのため、将来そのような目のトラブルに悩まされずに済むよう、中年以降はある栄養素を積極的に摂った方が良いそうです。その栄養素とは、ルテイン。天然色素であるカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持つみたいです。また、人体においては水晶体と網膜に多く含まれているとのことでした。

 

では、なぜそのルテインが、先述した目のトラブルを予防してくれるのでしょうか?それは、老眼や霞み、白内障や緑内障などを発症する主な原因は、水晶体と網膜が日常的に紫外線や可視光線を吸収することで酸化してしまうことにあるからです。

 

だから、抗酸化作用に秀でたルテインを摂取すれば、水晶体や網膜の損傷を軽減できるため、目のトラブルも予防できるんですね。そのため、将来的にも目の健康を保ちたい人は、ルテインをサプリメント等で摂取しておいた方が良いそうです。

 

 

あの飲料でルテインを摂取できる! 

 

眼精疲労にはブルーベリーが良いと言われていますが、ガン戦披露以上の目のトラブルにはブルーベリーだと足りないそうです。具体的には、白内障や緑内障、老眼などの眼病ですね。そのため、網膜や水晶体の酸化を和らげたり予防したりしてくれる、ルテインという栄養素を摂る必要があるみたいです。

 

ルテインとは、自然界に存在する色素であるカルテノイドの一種で、高い抗酸化作用を有すことで有名な栄養素です。ただ、ルテインを豊富に含む食品はかなり限られます。代表的なものとしては、ケールが挙げられるのですが、スーパーに並ぶことはまず無いかなりマイナーな野菜なのだとか。

 

しかし、調べたところ、ケールをある程度まとまった量を摂れる飲料がありました。それは、青汁。漠然と色々な栄養素を摂れる飲料くらいのイメージしかありませんでしたが、青汁は原料としてよくケールが用いられているため、コップ一杯飲むだけでルテインを摂取できるとかで。

 

ちなみに、ケールはキャベツの仲間ではあるものの、苦みの強い野菜らしく、それが青汁のあの不味さに大きく関係しているみたいです。それでも、最近の青汁は改良が重ねられて大分飲みやすくなっているため、毎日のルテイン補充源としてもそこまで負担にはならないそうです。

 

 

ルテインを液体で摂取したいなら?

 

ルテインを食品で摂取するのは、意外と大変だそうです。身近な食品でルテインが豊富に含まれるものとしては、100gにつき約12mgの含有量を有すホウレン草が挙げられますが、それですら20mgという1日の必要量を充たすにはかなりの量を食べなければいけません。

 

他にも、カボチャやアスパラ、トウモロコシなど、ルテインを含む食品は身近にも色々ありますが、どれも含有量は100gにつき5mg以下とのことでした。しかし、だからと言ってサプリメントに頼れば良いという単純な話でもありません。ルテインは基本、永久的に摂取し続けるべき栄養素である関係上、一生サプリメントを手放せないのも嫌ですから。

 

そこで、食品でもサプリメントでもない、液体という手があります。具体的には、青汁です。なんでも、青汁の原料であるケールというのにも、ルテインが豊富に含まれているのだとか。ただ、ケールはキャベツの仲間なものの、苦みの強い独特な野菜であるため、まともに食べるのは向かず、青汁という形でしかあまり出回らないのだとか。
それでも、青汁なら毎日の食生活の中に、不味いという苦労はあるものの、そこ
まで負担無く取り入れることができそうですね。また、最近では青汁も色々と改良されているため、ものによっては意外と美味しいとのことでした。

 

 

お茶を飲むのではルテインは摂れない!?

 

眼精疲労の改善や、白内障などの眼病予防に効果的と言われる、ルテイン。サプリメントも色々と販売されていますが、既に眼病を患っていない限りは、身近な食品で摂取するだけでも十分だそうです。では、ルテインを含む身近な食品には、どういったものがあるのでしょうか?

 

調べたところ、意外にも緑茶が挙げられていました。緑茶なら、毎日の飲料にしても負担はありませんから、手軽にルテインの補充源とできそうですね。しかし、実際のところ、緑茶を飲んでもルテインは摂取できないみたいです。なぜ、緑茶にルテインが含まれているのに、飲んでもそれを取り込めないのでしょうか?

 

どうやら、ルテインが栄養素として持つ性質が、大きく関わっているそうです。具体的には、ルテインは脂溶性といって、脂に溶けやすい性質を有しているため、お湯や水に緑茶を溶かしたところでそこにルテインは含まれていないのだとか。つまり、緑茶からルテインを摂取するには、茶葉を直接食べなければいけないんです。

 

となると、緑茶の粉末を料理で使うなどする必要があると思います。しかし、緑茶の粉末を使ったレシピと言われると…中々思い浮かびません。お茶からルテインを摂るって、言う程簡単ではないんですね。